本と暮らしのあるところ だいかい文庫 店舗デザイン・施工

医師である守本陽一氏は、屋台を街中で引き回し道ゆく人々に無料でコーヒーを振る舞う、不思議で奇特な先生だ。しかし、そのコーヒーの裏には、医療とコミュニティとの関係を問い直し、これからの時代にあるべきソーシャルキャピタルの姿を求めようとする探究心がある。守本氏の東京での活動を見ていて、私たち流動商店メンバーは、氏の「ケア」と「まちづくり」という専門性はもちろん、なにより流動商店=屋台がフックになってい […]
                   READ MORE ›